« 普天間基地存続? | トップページ | 産業ナショナリズム »

2010年6月10日 (木)

子ども手当と消費税増税

著者の兄には、中学生2人と小学生1人の計3人の子供がいる。
1人1万3千円で3万9千円の子ども手当ももらうことになる。
毎月30万以上の出費が生活のために使われているが、
消費税が10%になれば3万円以上の税金を払うことになる。
現在であれば9千円のプラスだが、
中学3年生の上の子は来年になれば子ども手当を貰えなくなるので、
4000円のマイナスになり、さらに2年後には1万7千円のマイナスになる。

昨年の衆院選挙で民主党に投票した兄貴もさすがに、
「これって、意味があったのかな?」と疑問を持ち始めているw

不公平なバラマキを続けながら、消費税を上げるなら、
せめて「嫁手当」を俺にくださいw

« 普天間基地存続? | トップページ | 産業ナショナリズム »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子ども手当と消費税増税:

« 普天間基地存続? | トップページ | 産業ナショナリズム »